安保法案について息子に分かるように教える



Ads

chantaです。

衆院選、終わりましたね。「政権選択選挙」なんて言葉で戦った人もいました。やっぱり惨敗ですが。今回に限らず、選挙は政権を選択するという意味があるのは当然の事。しかし、世の風に流されて政権が変わるなんて最悪の事。日本は、少し前に経験済みです。あの当時の党が、少しだけ名前を変えて2つに分裂。今回の選挙では、希望を持った有権者を混乱させました。

やはり選挙の争点は、誰が政権を取るかではなく、政策の中身。どんな日本を目指していくか、それを明確に示してもらった上で一票を託す。

私の中での一番の争点は、安全保障についてでした。息子たちの将来を最優先で考えると、喫緊の課題です。

私は素人なので、安保法案についての能書きは垂れません。しかし、息子たちを教育する上で、この問題は避けられないと考えます。この問題の考え方は、お友達との関わり方、将来にあっては人付き合いに大きく影響する大切な事。まだ長男は5歳、次男は2歳ですが、長男は色々なことを理解しています。きっと、今の時期に感じたことが、彼の価値観になっていくでしょう。下手なことは教えられません。かと言って安全保障に関するリアルな話は出来ない。

そこで、日本という国家を「パパ」、日本国民を「子供たち」と例えて教育していくことにします。

第一に、かっこいいパパの条件。

  • 賢い
  • 優しい
  • 誠実
  • 面白い
  • 厳しい
  • 強い

大きく5つを挙げました。最後の「強い」が安全保障にかかわる部分でしょう。かっこいい父親を目指す時、「弱い」と挙げる人はごく少数だと思います。

では、誰と比べて強いのか?

今の息子の感覚からすれば、鬼や泥棒です。こいつらより強くなくちゃ。つまり、日本の現在や将来に対して害を与える国や組織。お友達との関わりにおいては、自分やお友達をイジメてくる人。

なぜ強くなくちゃいけないのか?

鬼が怒ってきたとするでしょ?

強いパパなら、一緒にいれば安心。鬼に対して「帰りなさい!」って言って、守ってくれるよ。きっと鬼も、強いパパだとビックリして逃げるよ。万が一、鬼が襲ってきても戦って倒してくれる。

弱いパパだと、「帰りなさい!」って言っても帰ってくれない。弱そうだなって言って、絶対に鬼が襲ってくる。戦っても勝てない。パパが負けて、鬼に「ごめんなさい」って謝ってるの嫌でしょ?そんな時は、君も鬼に殴られてるよ。

強いパパでいなくちゃいけないのは、戦わずして勝つことができるから。それが一番。鬼も馬鹿じゃないから、負けそうな相手を襲わないよ。ただし、強いパパでも、鬼をイジメると怒ってくるけどね。どれだけパパが強くてもイジメちゃダメ。誠実にね。

お友達をイジメてくる鬼に対しても一緒だよ。君が強くあれば、戦わなくても友達を守ってあげられる。

「強さ」の種類

パパの強さには、「パンチやキックの強さ」と「心の強さ」がある。どちらも、毎日トレーニングして鍛えておかなくちゃ。さぼると、すぐ弱くなっちゃうよ。君は、空手を一生懸命トレーニングしてね。両方とも強くなるよ。特に「心の強さ」が大事だよ。

「パンチやキックの強さ」は自衛隊。防衛費や防衛設備も含めて。「心の強さ」は憲法。

こんな感じで教えていこう。

さいごに

「安保法案」のことを「戦争法案」って言う政治家が大嫌い。完全に間違った印象操作だから。息子は「戦争」っていう単語を理解しています。私が、「戦争って言うのは恐くて絶対にやっちゃダメなことだよ」って教えたから。きっと「戦争」っていう単語に怖いイメージを持っています。そんな恐い言葉を、政治家の口から聞いたら息子はどんな気持ちになるの?漠然と不安な気持ちになってしまいそう。息子にとって悪影響。

安保法案の中身を、対立しあう意見の中で激しい議論を交わすのには賛成です。色々な考え方があるから、白熱して当然。しかし、その中で「戦争法案」っていう言葉だけは絶対に使わないでほしい。小さい子を持つ親の願い。

私自身としては、強くて賢くあるために努力していきます。目先の目標は、フルマラソンと英語かな。

以上。



Ads

関連記事

  1. 日々

    2019年の夏休みを振り返る⑤

    越前松島水族館今回の旅のテーマは水遊び。昨日は芝政の…

  2. 育児

    強くなってきたな

    息子たちは最近強くなってきたと実感する。鉄平1.幼稚園の運動会…

  3. 育児

    成田山で七五三

    Adschantaです。本日、無事に七五三のご…

  4. 日々

    お食い初めとダムと参観日

    お食い初め子供も3人目となると行事で手を抜く。陽多の…

  5. 日々

    春なので、動物園デビュー

    東山動物園動物園って楽しいね。春になると、動…

  6. 日々

    年末年始2018-2019

    クリスマスクリスマスのプレゼント。子供たちが目覚めて1階へ降…

PAGE TOP