化石発掘体験をする幼児

福井県で1泊2日の恐竜三昧【ほろっさ】

7/22-23で恐竜づくしの旅行へ行ってきた。

初日は、福井県大野市にある化石発掘体験センター「HOROSSA(ほろっさ)」

2日目に、福井県恐竜博物館へ。

ほろっさ

2017年にオープンした同施設。福井県大野市の九頭竜国民休養地内にある。

化石発掘体験

恐竜博物館で発掘体験をするよりも、こちらで発掘体験をした方が快適。

理由は3つ、

  1. 標高が高いから少し涼しい
  2. お客さんが少ない
  3. 施設が新しい

 

化石発掘体験

森の中にあるので、風通しも良かった。この日、福井市では37℃あったそうだが、体験中にも汗ばむ程度。お客さんも少ないし快適に発掘できた。

親子で化石発掘体験

軍手、ゴーグル、ハンマー、チゼルは施設で用意してくれてある。手ぶらで行ってもOK。服装は汚れてもいいような恰好が良い。子供は土埃で汚れてた。軍手は新品ではないので、気になる方は持参したほうが無難。

発掘スタート。スタッフの方が、個別に発掘のコツを教えてくれる。ちなみに発掘体験は4歳以上から可能だが、2歳の鉄平にも安全対策のためゴーグルを貸し出してくれた。

葉っぱの化石は案外すぐに見つかる。スタッフの方が教えてくれたが、300人に1人くらいの確率でアンモナイトが見つかるらしい。

アンモナイトの化石、発見したいな。

5歳の竜は、まだハンマーで岩石を割るのは難しいみたい。パパが割る係、竜は化石が出そうな岩石を探す係に役割分担。色々な岩石?地層?が気になるみたいで走り回ってた。人が少なくてスペースがあるので、子供たちがある程度走ってても安全。

発掘時間は50分くらい。葉っぱはたくさん見つかったが、あとは小さな貝殻の化石が一つ。アンモナイトは見つからず。

子供たちの感想

パパ「楽しかった?」

竜「すっごく楽しかった!!」

パパ「自分でカンカンできなかったけど?」

竜「パパが割る瞬間、ドキドキした!!恐竜の骨が出てくるかもって!!」

ママ「待ってる時、風が気持ちよかったよ」

化石発掘体験

子供たちは、すごく満足したみたい。鉄平もお兄ちゃんの後をキャッキャ言いながら走り回ってた。

3人とも笑顔が無いのは、いつものこと。

つづく。



青春小説を読んでメンタル回復前のページ

福井県で1泊2日の恐竜三昧【ホテルハーヴェストスキージャム勝山】次のページホテルハーヴェストスキージャム勝山の恐竜

関連記事

  1. 重松清のとんび

    育児

    【子育てパパにお勧め】父子愛を描いた小説

    ペダルの向こうへ/池永陽交通事故で母と自分の片足を失…

  2. 日々

    グアム旅行

    空の上でHAPPY NEW YEAR12月31日の夜にセン…

  3. 育児

    お食い初め

    木曽路でお食い初め竜も正装っぽくして出発。「木曽路小牧店」…

  4. 日々

    離乳食デビュー

    生後6ヶ月陽多が生後6ヶ月を迎えた昨日、離乳食を始めた。…

  5. 日々

    2019年の夏休みを振り返る②

    大工さん体験可児の夏祭りで、椅子作り体験。竜は、ほとんど一人…

  6. 育児

    断乳三日目の夜も順調

    良い寝付き21時、陽多はすでにパパの隣で寝ている。今…

PAGE TOP