幸福な食卓

家族の大切さを感じる本

幸福な食卓/瀬尾まいこ


大きなものをなくしても、まだあった、大切なもの。
とっても切なくて、ちょっとおかしくて、あったまる。

いま最注目の作家が放つ、心にふわりと響く長編小説!

父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。そして、その悲しい出来事のあとも……。
泣きたくなるのはなぜだろう?優しすぎるストーリー。

講談社BOOK倶楽部

近すぎて気付かない幸せ。受け取りすぎて慣れっこになってしまった愛。家族とはそういうものだ。

最後に頼れるのは家族だけ。何が起きても帰る場所があるから人生にチャレンジできる。その帰る場所を、朝の食卓で表現したストーリー。

瀬尾まいこの文体は、ほのぼのしていて安心する。その中にユーモアがあり一人で笑ってしまう。それを嫁に伝えても伝わりきらない。小説を読んでいる本人だけが味わえる笑いがある。本作でも、学習塾での自転車に関する会話で笑ってしまった。

そして、どんな内容であっても最後は必ず温かい気持ちにさせてくれる。瀬尾まいこは最近のお気に入り作家。

以上。



自作マイクで歌う男の子子供への躾と、夢を持つ力の関係性前のページ

息子たち同士の仲次のページ

関連記事

  1. 三浦綾子の塩狩峠

    読書

    【塩狩峠】信仰心・信じる力について考えることができる小説

    塩狩峠/三浦綾子明治期に北海道で起こった、鉄道事故に係る実話を描い…

  2. 読書

    「そして、バトンは渡された」複雑な家族関係の中で生きる女の子

    ※本屋大賞2019の候補にノミネート。主人公は高校生の女の子。血の繋…

  3. 平尾誠二の人を奮い立たせるリーダーの力

    育児

    理想の父親へと導いてくれる本

    人を奮い立たせるリーダーの力/平尾誠二2016年に亡くなった…

  4. 読書

    「ひと」コロッケから始まる物語

    ※本屋大賞2019の候補にノミネート。たまたま寄った惣菜店で、主人公…

  5. ドラえもんのキャラ弁当

    日々

    ドラえもん映画「月面探査記」を息子より楽しみにしているパパ

    小説「のび太の月面探査記」【4/15追記】小…

  6. 読書

    青春小説を読んでメンタル回復

    以前は司馬遼太郎の小説ばかり読んでいた。しかし、ここ数カ月は…

PAGE TOP