親子で木曽川サイクリング



Ads

chantaです。次男とサイクリングしてきました。車は通らないコースなので安全。しかし、最後の方に問題が発生して、各務原の川島を通ってきました。ここだけはサイクリングコースではありません。

 

朝、長男の幼稚園バスを見送ってから次男と2人で出発。嫁はパートの日です。

木曽川犬山緑地の駐車場に車を停めてスタート。最初に目指すのは、一宮のタワーがある公園。親子でサイクリングがしたくて、丸幸サイクルで買った自転車は次男もお気に入り。

木曽川扶桑緑地公園までは、散歩してる人がたくさんいます。ほんとにたくさん。それに合わせてペースはゆっくり。

それを過ぎると自転車専用レーンが整備されていて、すごく走りやすい。堤防道路なので、景色も良いし、風も気持ち良い。

気持よく走れるので全然疲れません。1時間も掛からず、138タワーパークに到着。昼ごはんには早いので、とりあえず公園で遊ばせます。

2人でタワーをバックに自撮りします。

あの鐘を鳴らさせます。

ちなみに、138タワーパークに新しい遊具ができていましたよ。まだ立ち入り禁止柵がありましたが、もうすぐ開放されるでしょう。

この公園で昼ご飯を食べるつもりでしたが、時間も体力も余っています。木曽川サイクリングコースは、各務原の方にも続いているのでオアシスパークまで行ってみよう!

結構近いもんですね。15分くらいで到着。初めて入る入り口です。というか、車では入れない場所。駐輪場しかありません。そのお陰で新しい発見がありました。昼ご飯を食べたり、休憩するのにピッタリなスペース。

体育館みたいな床で、バスケットコート1面分ほどの広さ。靴を脱いで上がれるスペース。床が汚いかな?と思いチェックしましたが、指先に汚れは付きませんでした。きっと毎日、掃除してくれてるんでしょう。

おにぎりを食べ、休憩中に次男に目を突っつかれます。その後、彼は広いスペースを走り回る。裸足でペタペタするのが楽しいみたい。

夏休みに来た時、あんなに賑わっていた水遊び遊具は閉鎖されてました。夏の終わりを実感します。

さて、長男の幼稚園バスの時間までに帰らなくてはいけません。しかし、少し時間をタイトにした方が、追い込まれている感が出て一生懸命に自転車を漕ぐことができるでしょう。少しオアシスパークを散歩します。

時間が経ったところで、犬山へ向け出発。今度は各務原のサイクリングコースに沿って帰ります。

1~2km走ったところでアクシデント。

「サイクリングロード崩落のため通行止め」

堤防道路へ迂回しようとしますが、歩道が無く、危ないので断念。高速道路が通行止めになるより、国道21号線が通行止めになるより、木曽川サイクリングロードが通行止めになる事が、今の私には死活問題。汗だくになりながら、もと来た道を戻ります。長男の幼稚園バス時間の都合があるので、サイクリングコースではなく、最短距離である川島の市街地を行くことに。もう優雅なサイクリングではなく、時間に追われる親子になってしまいました。念のため、いつもよりチャイルドシートのベルトをギュッと締めます。立ち漕ぎをするからです。

頑張って走った甲斐あって、幼稚園バスの時間には余裕で間に合いました。しかし、30分前行動が基本の私にとってはギリギリの時間。

最後に通行止めというアクシデントがありましたが、楽しいサイクリングでした。次男も楽しんでくれたようです。

もし、木曽川サイクリングするなら愛知県側だけを勧めます。江南フラワーパークでは、子供と3人乗りできる自転車のレンタルもありました。1日300円くらいだったかな?ヘルメットも貸してくれますし、電動アシスト付きの自転車もあります。

以上。



Ads

marathonフルマラソン完走に向けて(アプリ導入)前のページ

切手コレクション【前半】次のページ

関連記事

  1. 育児

    息子と2人で紅葉のライトアップを写真撮影

    曽木公園岐阜県土岐市にある曽木公園は、毎年ライトアップが行われてい…

  2. 育児

    お花見・いちご狩りなど

    お花見各務原の市民公園へ。芝生と桜、シャボン玉で春を満喫。…

  3. 紫陽花を窓越しに眺める赤ちゃん

    日々

    梅雨入り

    ぽっこりお尻6月の初めに、陽多は寝返りを成功させた。勢いに乗…

  4. 人生初の流しそうめん

    日々

    【Vlog】人生初の流しそうめん。タカラトミーのスライダー

    内容昨年購入した「そうめんスライダー」を出して、今年…

  5. 育児

    10月の子供たち

    ぎふ清流里山公園ヤギや羊に餌やり。鉄平も動物が大好きだけど、ちょっ…

  6. library

    育児

    図書館を子育てに活用しよう【分類番号の基本】図書館ノススメ

    chantaです。今回の記事は、図書館の活用方法に…

PAGE TOP