お洒落なタイムスリップ小説「コーヒーが冷めないうちに」

コーヒーが冷めないうちに/川口俊和

2015年に出版された。

ある喫茶店の、特定の席に座るとタイムスリップできる。ただし、時間制限がある。それは、出されたコーヒーが冷めるまでの間だけ。

こんなお洒落な設定で進むストーリーは、4つの物語から構成される。

  1. 恋人
  2. 夫婦
  3. 姉妹
  4. 親子

この書籍の評判は良い。2018年には映画化もされたようだ。

私は、親子の章で涙した。自分の中では、「火山のふもとで」を読んでいる時と似た気持ちになった。この本は、味のある喫茶店内で読むと深みが増しそう。

以上。



関連記事

  1. 三浦綾子の塩狩峠

    読書

    【塩狩峠】信仰心・信じる力について考えることができる小説

    塩狩峠/三浦綾子明治期に北海道で起こった、鉄道事故に係る実話を描い…

  2. 読書

    「そして、バトンは渡された」複雑な家族関係の中で生きる女の子

    ※本屋大賞2019の候補にノミネート。主人公は高校生の女の子。血の繋…

  3. 幸福な食卓

    読書

    家族の大切さを感じる本

    幸福な食卓/瀬尾まいこ 大きなものをなくしても、まだあった、…

  4. 読書

    「ひと」コロッケから始まる物語

    ※本屋大賞2019の候補にノミネート。たまたま寄った惣菜店で、主人公…

  5. 読書

    カズオ・イシグロ氏の「忘れられた巨人」を読んでみた

    Adschantaです。先日、ノーベル文学賞が…

  6. 読書

    青春小説を読んでメンタル回復

    以前は司馬遼太郎の小説ばかり読んでいた。しかし、ここ数カ月は…

PAGE TOP