3歳児検診で感じたこと

※愚痴を吐き出しただけの内容になる。

 

鉄平の3歳児検診と、竜の小学校入学前検診の日時が重なった。私が3歳児検診、嫁が入学前検診へ行くことに。

こども課の方の対応

役所へ出向き2時間ちょっと検診を受ける。私にとっては、ただでさえ苦痛な時間。

その苦痛な時間の中で2点、とくに気になる事があった。こども課の担当者の対応だ。

1点目は、子供への対応

検診の中に、子供の知的な発達具合を調べる項目がある。担当者と子供が向き合い、図鑑を使って言葉の理解度を確認。

「上はどっちかな??これは何色かな??一番大きいのはどれかな??この動物は何かな??」

時間の都合があるんだろう。お役所仕事のごとく3歳児へ矢継ぎ早に質問してくる。子供にとっては、初めて見る知らない人が、わざとらしい笑顔で自分を試すようなことを迫ってくるんだから心を開かない時だってある。

鉄平はまさにそれだった。人見知りってのもあるけど、なんだか担当者が好きじゃなかったんだろう。質問にハッキリ答えることはなかった。

質問に答えれないと担当者は、

「分からないか~」

とガッカリした感じで言う。で、その理解度をメモしてる。その理解度が点数になってて子供を評価するみたい。きっと低かったんだろうな。その評価なんて私の知ったこっちゃないけどなぜか悔しい。

やっと質問タイムが終わって、ふと鉄平を見るとちょっと凹んでた。クイズで分かってるのに上手く答えられなかったこと、勝手に質問してきて「分からないか~」とガッカリされた事が原因だろう。

私の心「家族や友達の前では沢山お話しできるし、言葉も全部理解しとるわ。俺からしたら、鉄平が不審な人の質問に答えないっていう事は百点満点だわ!!」

2点目、親への対応

親が子供へどのように接しているか、アンケート用紙があるので事前に記入して提出。それを基に親と担当者が面談。

アンケートは嫁が記入した。

その中に、

  • 子供を叩いたことがある
  • 子供に感情的に怒ることがある

嫁は正直に両方○を付けていた。それを見て担当者は、憐れむような眼でこっちを見て言う。

「お子さんは大好きなママから叩かれると、心を傷つけます。しっかりと言葉で説明してあげてくださいね。また、叱る時は感情的にならず冷静にお願いします」

 

 

私の心「嫁も俺も、そんなことお前に言われんでも百も承知だわ!!あとな、想像してみろ。授乳中に前歯が生えた子が乳首をギューーって噛んでくるんだぞ?手が出て当然だわ!!乳首が取れるの防止しただけだわ!!!」

叩いたのはもう1回。シチュエーションはこうだ。

嫁は寝起きが悪い、牛乳大嫌い(特に匂い)。私と息子が朝食中に、嫁が朝起きてきた。なぜそうなったか忘れたが、肘をぶつけたんだろう。椅子に座った嫁にコップ満タンの牛乳をこぼしてしまった息子。寝起きに大嫌いな牛乳をタップリとかけられては反射的に手が出て同然。

 

結局、このアンケートは何を目的としているんだろう?

親と子供の関係性、もっと深く言えば虐待などが無いかを把握する…そんな単純じゃないよね。本当に虐待している人が、正直に「叩いた」「感情的に叱った」って箇所にチェック入れるとは考えられない。

このアンケートは、親の不安を和らげることにあるはずだ。

様々な家庭環境がある中でも、子育てに対して不安やストレスを持っていない人なんて皆無だろう。その不安やストレスを、こども課の職員に打ち明けることで少しだけ和らげてもらいたい。パパやママを心の病気から守りたい。

本来は、検診に来るパパやママに寄り添わなければならない。

 

しかし、子育てに対して不安やストレスを抱え、自責の念を持っている人に対し、

「お子さんは大好きなママから叩かれると、心を傷つけます。しっかりと言葉で説明してあげてくださいね。また、叱る時は感情的にならず冷静にお願いします」

こんな事を言っては全くの逆効果。悪い方へ追い込むだけ。

育児だけじゃない、家事もある、仕事もある、人間関係もある。色々と大変なんだよね。

今回、私と話した職員は特別だったのかもしれない。だが、もし何かの事件があった時に、役所は責任を果たしていたと言い逃れるため義務的にこなしているだけの印象を受けた。

 

そして最後に一言、私に言った。

「なにか悩み事や相談したいことがあれば、いつでも話に来てくださいね」

 

 

「絶対行かん。どうせ正論を言ってくるだけでしょ。Twitterで愚痴をつぶやく方がマシだわ」

そう心の中では思いながら、

「ありがとうございます」

と義務的に挨拶してきた。

さいごに

1歳半検診や、3歳検診で役所にマークされると非常に面倒くさい。

長男の時は、落ち着きの無さや言葉の発達が遅かったせいで「発達障害」を疑われた。

すると、「再検査をしてくれ」ってなる。

更には、定期的に役所から電話がかかってくる。

「お子さんの様子はどうですか~?」

何故か決まって夕方に。夕飯作ってるしね、その時間。いっつも夕方。

それに気になる事があれば医者へかかるから。

相談する気にならないもん、役所の人に。義務的に扱われるだけ。

長男の時からだから、ここ5年くらいは役所の対応にうんざりしている。だからこの記事は溜まった不満を愚痴にしただけ。

以上。



育児において、夫が妻に対して出来ること前のページ

10月の子供たち次のページ

関連記事

  1. 育児

    もうすぐ運動会とハロウィン

    トップ画は子供たちのお弁当。嫁のセンスでは、髪は豆らしい。なんか可愛い…

  2. 育児

    育児日記

    兄弟げんか育児って戦いだ。うちの子供たちは恐竜のように荒々…

  3. 育児

    セントレアとめんたいパーク

    セントレア 飛行機を見に行った。動く床に大興奮。…

  4. 日々

    マッサージ器の変わった使い方

    鉄平の使い方足マッサージ器に跨るのが彼流。お…

  5. 育児

    【パパの産後うつ】発症リスクが高い

    Yahooのヘッドラインに、父親の産後うつに関する記事…

  6. 日々

    2019年の夏休みを振り返る②

    大工さん体験可児の夏祭りで、椅子作り体験。竜は、ほとんど一人…

PAGE TOP